HOME > VAGABOND HAERT > SF大河浪漫・銀河のお深い!エピソード2
■SF大河浪漫・銀河のお深い! -EPISODE II-
まずはBGMをどうぞ

昨年公開の「銀河のお深い!(エピソード1)」とは何のつながりもありません。
が、見てない人は見てね。おほほ。
これはフィクションであり、登場人物や舞台設定等は架空のものです(爆)。

―TBS(たいした事無い・バンドで・すんまそん)―
●ボーカル:リー・ダーヤン(怪しい中国系地球人)
●ギター:キリーゾ・カンリーン(燃える東南アジア系地球人)
●ベース:モーリ・タコス(陽気な南米系地球人)
●ドラムス:ブッサー・エロジジ(国籍不明地球人)

宇宙は広い。
広いようで狭い。
どっちやねん。どっちでもええわ。
その宇宙には、地球人以外にも文明を持つ生命体が数多く存在する。そしてそれらは互いに戦争や和解を繰り返し、今日のようなコスモネットを創り上げていった。

地球から比較的近い星・ウズマサーバーを拠点とするこのコスモネット。異星間での友好が進み、ご近所さん同士が実際に会い、さらに親交を深めていく。幾度となく繰り返されてきたこのお深いが今また行われようとしていた。

ヤツの名はタケチヨ
コスモパトロール払い下げの自家用宇宙船トロクセ・バーゲンを駆り、ワープを繰り返し、辺境の地フジノウラ星からここカラースマイル星まで、相棒のイヌチヨと共にやって来た。
この辺は宇宙でも観光のメッカとして有名である。しばし辺りの星々を回り、楽しんでいた。

彼はコスモネットで知り合った地球のロックバンドTBSのLIVEを見るために、わざわざこの遠い道のりをやって来たのだ。本当のところ、LIVE後の打ち上げ=お深いが目的であったのだが。

今回のLIVEはTBSとHENGINEとの対バンということで、各地からネット仲間が集まり、やはりLIVEよりもお深いをメインイベントとしていた。参加メンバーはタケチヨ・イヌチヨを始め、場末星タガヤセシティーからドクター・コワレーテル改めドクター・フコマ・シグラ、TBS・LIVE全制覇を目指すお馴染みのサカータ・ロウ、そのサカータの先輩であり、ウラワー星からヨコハメ星へのLIVE&グルメツアーにも同行したあのセンパイ120kg、TBSのキリーゾ以外の3人とは同級生である古い付き合いのチャーリーズ・エンラク、モーリの妻カッチーと息子のカックン、リーのいいな漬けであるシカフン星人アヤチチ・エフ。HENGINEはこのシカフン星を拠点としている。
ドクター・フコマ・シグラは、不幸に任せて、いや、暇に任せて2日前からこっちに来ていた。
そしてウズマサーバーからは、コスモネットの創始者であるオーケー・ハーン改めオバーバヤマシーナ星からユバーバタツノ星からはノバーバ。このバーバ3人衆は“半分”という意味の50を超えている(らしい)ので、オーバー・ハンズというユニットを組んでいる。
その他、HENGINE関連の人達を含めると相当な人数である。

リハーサル終了からLIVE本番までかなり時間がある。ここでリーが大失態を犯した。ネット仲間のエゾ・バト・チャンキタノ星から送ってくれた差し入れを忘れてきたのだ。
ドクターの操縦でリーの自家用宇宙船パイレーツ・メリヤスに乗り込み、大慌てで取りに戻った。

TBSリハーサル風景

間違ってますよ〜

どうしても顔は見せたくないドクター

楽屋にて
左からアヤチチ、キリーゾ、チャリボー(HENGINE)
エゾ・バト・チャンからの差し入れの数々

HENGINEのギタリスト、ヤーマダ

HENGINEの新ベーシスト、カス

アヤチチとモモ

まさに美女と野獣


さて、LIVEも滞りなく終わり(ほんまかいな)、お楽しみの「ウチアゲ」である。
今回、参加人数が30人ほどになるため、ヤーマダが前もって会場を予約しておいた。なかなか気の利くヤツである。LIVEハウスのすぐ隣のビルにある創作料理の店だった。
TBS関連で1列、HENGINE関連で2列の計3列のテーブルにひしめき合う。ドクターやタケチヨは泊りがけであるが、日帰りのノバーバは銀河鉄道がなくなるというので、TBSのLIVE途中で早々に帰ってしまった。折角来ていただいたのに残念である。後日、キリーゾが当日のLIVEビデオを送って差し上げた。美しい話である。
タケチヨはオーバー・ハンズ3人衆に会うのを楽しみにしていた。LIVE前に会う事が出来ず、客席であれかな、これかなと探しているとステージ右前方にそれらしき3人を発見。オーバー・ハンズの3人を知るTBSの面々は、やけに盛り上がりを見せるその3人が何者なのかわからなかった。
そう、それはオーバー・ハンズではなかったのだが、タケチヨは信じて疑わなかった。その話を聞いたオバーバは激怒した。「私らあんなおばはんちゃうわ!」
プッ。
ドクター・フコマ・シグラはオーバー・ハンズに何故かモテモテである。不幸が移らなければいいのだが…。

徐々に宴会は盛り上がり…



ジャジャーン!ブッサーとタケチヨによるビールのピッチャー早飲み対決!

グビグビ… タケチヨの勝ち!

さすがのブッサーもタケチヨにはかなわなかった。この男の胃袋はどうなっているのだろう。
このあともまだまだ飲み続けるのであった。
おまけ:18禁画像
ユバーバとモーリ家族は宴会が終わらぬうちにご帰宅。
頼んだ料理が揃わぬままラストオーダーとなり、あっという間に時間が過ぎていった。

タケチヨご自慢のトロクセ・バーゲン

わーい、ションベンかけたれ〜(笑)

←名前わからん人もいるので、わかる人だけ…

上段左から
カス、キリーゾ、ポン太、ブッサー、サカータ、ネタガワー師匠、???、マスターBアナゴ、チャーリーズ・エンラク、ヤーマダ、ドクター、センパイ120kg、グッチ・ラモ、オバーバ、アヤチチ、チャリボー、モモ、???…

集合写真を撮る前に行ってしまったタケチヨ一行は、今晩この近辺にお泊りのようである。
リーはオバーバをウズマサーバーまで送りに、キリーゾはドクターを、ブッサーはサカータ、センパイ、チャーリーズ・エンラクをそれぞれ乗せ、サカータの住む赤貧若作り星まで送っていった。
ドクターとセンパイはサカータ宅にお泊りである。どうもセンパイはこのようなことになる運命にあるらしい。さらにブッサーは、チャーリーズ・エンラクの故郷・サカイジャン星まで行くはめになった。
キリーゾは地球までの帰路、色々な事を考えていた。
昨年のフランケン、今回のタケチヨにドクター、遥か遠くからわざわざ見に来てくれるアホな連中。本当に感謝である。コスモネットの偉大さを、あらためて実感した。

−Fin−




すまんて。ほんま。怒らんといて。文句のある方はこちらまで。

戻る


PAGE TOP